2011/06/25

イースターエッグ(ゾンビ)

[Settings][About Phone][Firmware version]を連打すると表示されます。

ドロイド君とジンジャーブレッド(Android2.3のコードネーム)です。

ローミング時のプレフィックスダイヤル設定



韓国版のGalaxy S (shw-m110s)はプレフィックスダイヤルに対応していないので、海外に頻繁に行く場合には不便を感じます。

ただし、代わりに、奇妙な機能があります。

標準状態では、[Setting][Wireless and networek][Mobile networks][T roaming][Roaming Auto Dial]で「Always call to Korea」が設定されていて、海外(韓国外)でローミング中も、連絡先に登録されている韓国の電話番号(例;010-XXXX-YYYY)をタップすれば、そのまま電話をかける事が出来ます。


この設定では、自動的に「010-XXXX-YYYY」を「001-82-10-XXXX-YYYY」に変換してくれている様です。

一見、便利な機能の様ですが、このままでは、日本国内から日本の電話番号にかけようとしても、勝手に変換されてしまい、かかりません。

連絡先からではなく、テンキーから090-XXXX-YYYYの様に日本の電話番号を入力しても、変換されてしまい、電話をかけられません。

docomoのSIMカードに差し替えて、ローミングではなく、直接docomoの回線を使っていても同じです。

つまり、この設定では、韓国外から韓国外への通話が出来ません。

その為、[Roaming Auto Dial]は常に「Off」に設定しています。

そして、プレフィックスの代わりに、面倒ですが、各連絡先に国内からのダイヤル番号と、海外からの番号(例;001-813-90-XXXX-YYYY)を両方登録しておく事で対応しています。

また、標準状態では「Roaming dual clock」が「On」になっていて、韓国の現在時刻と滞在先の時刻が表示されるのですが、これも、韓国と日本では時差が無いので、常に「Off」にしています。