2013/03/02

韓国内でのWiFiの月極契約(olleh WiFi)



外出先でNexus 7のWiFiモデルを使う時は、Galaxy S3のテザリングで使用していたのですが、都度テザリングを立ち上げるのは面倒ですし、Galaxy側のバッテリの消費も激しいので、olleh(KT)のWiFiプランに加入してみました。

KTの携帯電話やスマートフォンのオプションではありませんので、KTとの契約が無くても、単独で申し込めます。

olleh WiFi シングルプラン
http://wifi.olleh.com/main.html
料金 ; 8,000Won+税金=8,800Won/月(=約760円/月)
申し込み電話番号 ; 15888448

【事前準備】

事前に用意するものは下記。(外国人登録書と韓国内の住所があり、請求書払いの場合。)

・外国人登録証番号
・韓国内住所・・・請求書の送付先になります。ソウルの場合、旧住居表示が必要です。
・端末(タブレットやスマートフォン)のWiFiアドレス(MACアドレス)
・電話番号・・・聞かれない場合もあります。

Webで調べた限り、外国人登録の代わりにパスポートでも大丈夫だったという情報もありますし、カードからの自動引き落としにする方法もある様ですが、当方では未確認です。

銀行の口座番号を聞かれた人もいたそうですが、当方の場合は聞かれませんでした。

【申し込み手順】

15888448に電話をし、オペレータと会話して申し込むだけですが、原則、本人が電話しないと駄目とのことです。

上記番号に電話してダイアルパッドから”1”を押すとオペレータに繋がります。

オペレータは最初から英語でした。(勿論、韓国語も話せます。)

接続機器の種類を聞かれましたので、"タブレット"と応えましたが、"スマートフォン"と答えても問題ありません。

日本から持ち込んだスマートフォンでも登録出来ます。(PCと答えたらどうなるかは判りません。)

"シングル プラン"ですので、WiFiアドレス(MACアドレス)を登録した機器1台でしか使えません。(料金は高くなりますが、複数の機器を接続出来る"マルチ プラン"もあるそうです。)

ソウルの住所は2012年より日本スタイル(ブロック単位)から米国スタイル(通り単位)に変更されていますが、olleh(KT)のデーターベースでは新住所では検索出来ないらしく、旧住所が必要でした。

申し込み後20分くらいで使えるようになります。

解約する時も同じ番号に電話します。

Web情報によると、受付時間は下記との事ですが、これも未確認です。(当方は土曜日の午前中に申し込みました。)

月-金 ; 9:00 - 19:00
土    ; 9:00 - 14:00
日・祭日 ; 休

【使用方法】

アクセスポイントは"ollehWiFi"のセキュリティ設定なしの物になります。

通常は端末側でWiFiを有効にすると自動で繋がりますが、他のアクセスポイントが優先されてしまってollehに繋がらない場合はWiFiの設定画面から"ollehWiFi"をクリックしてください。

パスワードの入力等は不要です。

【備考】

「韓国内、特にソウルでは無料のWiFiアクセスポイントが沢山ある」という記事を多く見掛けます。

確かに、端末上ではセキュリティ設定の無いアクセスポイントが沢山表示されますが、実際には、このollehのアクセスポイントの様に、セキュリティ設定が無い様に見えてもWiFiアドレス(MACアドレス)で規制されていたり、"FREE_U+zone"の様に、接続後にWebブラウザから電話番号を入力し、SMSに送られてきたパスワードをWebブラウザから入力する必要があったり(韓国の携帯が必要です)するアクセスポイントも数多く存在します。

大手カフェチェーンは無料のWiFiスポットを提供しているケースが多いのですが、それだけでは不便ですので、韓国内に1ヶ月以上滞在される方で、WiFiタブレットや日本のスマートフォンしかお持ちでない方にはこのolleh(KT)のプランがお勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿