2013/12/29

Galaxy S4 (shv-e300s)ファームウェアアップデイト(MK6=>ML1)


韓国版Galaxy S4(shv-e300s、SKテレコム)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

更新内容は、他のGalaxyシリーズ用に配布されているアップデイトと同様に、WiFiの安定化とのことです。

"MJC"からは、KNOXの導入に伴い、セキュリティ関連の制限事項が増えていますので注意してください。

Samsung KNOXとは何か(Galaxyシリーズを4.3にアップグレードする際の注意事項)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/samsung-knoxgalaxy43.html

2013/12/28

Galaxy S4 LTE-A (shv-e330s)ファームウェアアップデイト(MK4=>ML2)


Last Update : 29/Dec/2013

韓国版Galaxy S4 LTE-A (shv-e330s、SKテレコム)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

更新内容は他のGalaxyシリーズ用に配布されているアップデイトと同様にWiFiの安定化とのことです。

また、Hidden MenuのLTEバンドの設定メニューにB1、B7が復活し、B1、B3、B5、B7が選択可能になっています。

Samsung Kies3でアップデイトしました。

【端末情報】



・Android version ; 4.3(変わらず)
・Baseband version ; E330SKSUBMK3 => 不明
・Kernel version ;
3.4.0-2107250 se.infra@SEP-136 #1 Thu Nov 14 17:18:10 KST 2013
=> 3.4.0-2281704 se.infra@SEP-84 #1 Tue Dec 10 21:52:51 KST 2013
・Build number ;JSS15J.E330SKSUBMK4 => JSS15J.E330SKSUBML2

何故かBaseband versionが"不明"となってしまっています。

【純正ROM入手方法】

Samsung Kies3を利用してアップデイト出来ますが、以下のサイトで配布されている純正ROMをOdinで焼く事も出来ます。

SAMMOBILE
http://www.samfirmware.com/

Samsung Updates
http://samsung-updates.com/latest-firmware/

但し、Odinから焼くとKNOXカウンターが更新されますので注意してください。

Samsung KNOXとは何か(Galaxyシリーズを4.3にアップグレードする際の注意事項)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/samsung-knoxgalaxy43.html

また、MJ7(Android 4.3へのアップデイト版)以降は、KNOXが導入された影響で、MJ7以降の端末にはOdinを使ってもKNOX導入前のバージョンのファームウェアは焼けませんので注意が必要です。

【Root化】

ファームウェアをアップデイト後、以下の方法でroot化しました。

Galaxy S4 LTE-A用CWM Recovery
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/galaxy-s4-lte-acwm-recoveryver-5171.html

【省電力設定】

OSやアプリを細かく設定してバッテリ消費を抑制しています。

Androidのバッテリー消費を抑制する設定まとめ
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/android.html

【広告の非表示】

Adawayを使用して広告を非表示にしています。

AdAwayで広告を非表示に
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2011/11/adaway.html

【カメラの無音化】

Galaxy S4と同じ手法でカメラの無音化も可能です。

Galaxy S4のカメラの無音化(ESファイルエクスプローラー使用)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/05/galaxy-s4_2.html

【ブラウザのメニューに終了オプションを追加】

Galaxyの標準ブラウザのメニューに終了オプションを追加
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/11/galaxy.html

【着信音量を固定】

Galaxyの着信音量を固定する方法(odexファイルを改変)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/12/galaxyodex.html



2013/12/21

Google Playの国別ダウンロード制限を回避する方法(APK Downloader)


海外で現地のSIMを使っていると、同じGoogle IDでも、Google Playから日本国内専用のアプリがダウンロード出来なくなってしまいます。

逆に、海外専用のアプリも日本国内からダウンロード出来ない場合があります。

そうした場合の対処方法の覚書です。

1)以下のページから、APK DownloaderのChrome Extensionをダウンロードします。

2.0.0.crx
http://apps.evozi.com/apk-downloader/


2)Chromeを開き、[設定][ツール][拡張機能]を表示します。

3)ダウンロードしたcrxファイルをChromeの拡張機能ウィンドウにドラッグアンドドロップして拡張機能をインストールします。

4)以下のアプリを利用して端末の"Google Service Framework (GSF ID Key)"を確認します。

Android Device ID
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.evozi.deviceid


5)Chromeの拡張機能のAPK Downloaderのオプション設定で、Gmailのアカウント(メールアドレス)とパスワード、端末のGSF ID Keyをインプットして"Sign in"をクリックします。



6)"Show advanced settings"をクリックします。


国とキャリヤを選択して"Save SIM operator"をクリックします。


この例では、海外から日本国内でしかダウンロード出来ないアプリをダウンロードする為に、docomoを選択しています。

7)ChromeでPlayストアを開くとアドレスバーダウンロードアイコンが表示されます。


このアイコンをクリックするとPCにアプリがダウンロードされます。(有料アプリはダウンロード出来ません。)


韓国版Galaxy S3のファームウェアのアップデイト(MK5=>ML5)


韓国版Galaxy S3 (shv-e210s、SKテレコム版)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

更新内容はWiFiの安定化です。

前回配布されたMK5(Android 4.3)へのアップデイトでの不具合の修正だと思われます。

なお、Android 4.3にアップデイトすると、セキュリティ関連で制限事項が増えますので注意してください。

Samsung KNOXとは何か(Galaxyシリーズを4.3にアップグレードする際の注意事項)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/samsung-knoxgalaxy43.html

2013/12/15

Galaxyの着信音量を固定する方法(odexファイルを改変)


Galaxyシリーズは電話の着信音が固定音量ではなく、徐々にボリュームアップしていく仕様になっています。

この着信音の音量を固定する方法の覚書です。

韓国版のGalaxy S4 LTE-A(shv-e330s、SKテレコム版)の例です。

【全体の流れ】

・必要なファイルの準備
・odexファイルを展開・編集
・classes.dexを作成
・deodexファイルを作成
・odexファイルを作成

【準備】

まず、必要な物を用意します。

SDKが使える環境になって、JAVAがインストールされている事が前提です。

Java SE ダウンロード
http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/downloads/index.html

1)作業用フォルダ

任意のフォルダで構いませんが、今回は"SecPhone_kor/"というフォルダを作業用に用意しました。

2)アセンブラと逆アセンブラ

An assembler/disassembler for Android's dex format
https://code.google.com/p/smali/

上記のページから以下のファイルをダウンロードして作業用フォルダに保存します。

baksmali
smali
baksmali-2.0.2.jar
smali-2.0.2.jar

"baksmali-2.0.2.jar"と"smali-2.0.2.jar"は"baksmali.jar"と"smali.jar"にリネームしておきます。

3)7Z

以下から7Zをダウンロードして、解凍し、作業用フォルダに置きます。

7z002.lzh
http://madobe.net/archiver/app/dosp/7z.html

4)dexopt-wrapper

以下のサイトからdexopt-wrapperをダウンロードして解凍し、端末の"/data/local/tmp/"に置きます。

http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=3864655&postcount=36

以下の様にSDKからpushしても良いですし、ESファイルエクスプローラー等を使っても構いません。

adb push dexopt-wrapper /data/local/tmp/

5)電話アプリとodexファイル

端末から以下の2つのファイルを抜き出して作業用フォルダ内に置きます。

PCの任意のフォルダにもバックアップとしても保存しておくことをお勧めします。

/system/app/SecPhone_KOR.apk
/sustem/app/SecPhone_KOR.odex

これらのファイルは、SDKを使ってPCにpullしてもよいのですが、ESファイルエクスプローラ等でコピーして端末の"/sdcard/"に置き、そこからケーブルやクラウドを介してPCにコピーしてもよいでしょう。

6)/system/framework/の中身

端末の"/system/framework/"の中身全てを作業用フォルダにコピーします。

それぞれのファイルのサイズは小さく、全体で90MB程しかありませんが、当方の環境では157個のファイルがありました。

ファイル数が多いので、今回は、作業用フォルダの中に"/system/framework/"というフォルダを作り、その中に入れました。

【deodexファイルの作成】

1)odexファイルの展開

コマンドプロンプトから作業用フォルダに入り、以下を実行します。

PCのエクスプローラで作業用フォルダを開き、Shift+右クリックから「コマンドウインドウをここで開く」を選択するとよいでしょう。

java -jar baksmali.jar -d system/framework -x SecPhone_KOR.odex -o test

作業用フォルダ内の/test/にファイルが展開されますので、コマンドプロンプトは開いたままにして、次の作業に移ります。

2)設定ファイルの編集

以下のファイルをメモ帳等にドラッグして開きます。

/test/com/android/phone/Ringer$1.smali

"setStreamVolume"で検索し、以下の部分をコメントアウトします。(行頭に"# "を付けます。)

該当箇所は2ヶ所あります。

invoke-virtual {v1, v6, v2, v3}, Landroid/media/AudioManager;->setStreamVolume(III)V

編集したら、ファイルを上書き保存して、編集に使用したメモ帳等を終了します。

3)classes.dexの作成

作業用フォルダでコマンドプロンプトから下記を実行します。

java -jar smali.jar test -o classes.dex

以下のファイルが作成されます。

classes.dex

4)deodex化

作業用フォルダでコマンドプロンプトから下記を実行します。

7z a -tzip SecPhone_KOR.apk classes.dex

作業用フォルダ内の"SecPhone_KOR.apk"が更新されます。

【odexファイルの作成と差し替え】

作成したdeodexファイル(SecPhone_KOR.apk)を端末の"/data/local/tmp/"に置き、adbから下記を実行します。

adb shell chmod 755 /data/local/tmp/dexopt-wrapper

adb shell

cd /data/local/tmp

./dexopt-wrapper SecPhone_KOR.apk SecPhone_KOR.odex

busybox dd if=/system/app/SecPhone_KOR.odex of=SecPhone_KOR.odex bs=1 count=20 skip=52 seek=52 conv=notrunc

"/data/local/tmp/"に"SecPhone_KOR.odex"が作成されますので、これを"/system/app/SecPhone_KOR.odex"と差し替えます。

ファイルを差し替えたら、端末を再起動します。


2013/12/12

Galaxy S4 (shv-e300s)ファームウェアアップデイト(MJC=>MK6)


韓国版Galaxy S4(shv-e300s、SKテレコム)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

修正内容は連絡先のバグ修正とギャラクシーギアとの連携動作の改善です。

前回のアップデイト(MJC)から、KNOXの導入に伴い、セキュリティ関連の制限事項が増えていますので注意してください。

Samsung KNOXとは何か(Galaxyシリーズを4.3にアップグレードする際の注意事項)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/samsung-knoxgalaxy43.html

2013/12/10

Nexus 7のファームウェアアップデイト(KRT16S=>KOT49H、Android 4.4.2)とroot化


Last Update : 28/Mar/2014

Nexus 7 (2012, WiFiモデル)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

Androidバージョンが4.4から4.42に、ビルド番号が"KRT16S"から"KOT49H"に変更されています。

OTAがまだ降って来ないので、手動でアップデイトしてからroot化しました。

SDKが使える環境になっていることが前提です。

【標準状態に戻す】

root化したりしてカスタマイズしている場合は、unrootして、標準状態に戻しておきます。

1)以下のファイルをPCにダウンロードします。

Factory Images "nakasi" for Nexus 7 (Wi-Fi)
https://developers.google.com/android/nexus/images#nakasi
nakasi-krt16s-factory-da7dee49.tgz

2)"nakasi-krt16s-factory-da7dee49.tgz"を解凍します。

3)解凍したファイルの中から以下の2つのファイルをPCの"/android-sdk-windows/tools/"に置きます。(SDKの環境に依ります。)

bootloader-grouper-4.23.img
image-nakasi-krt16s.zip

4)端末の電源を切り、"[電源]+[ボリュームダウン]"でbootloaderを立ち上げます。

5)端末とPCをUSBケーブルで接続し、PCのコマンドプロンプト上から以下の操作をします。

fastboot flash bootloader bootloader-grouper-4.23.img
fastboot reboot-bootloader
fastboot update image-nakasi-krt16s.zip

【手動アップデイト】

1)以下のファイルをダウンロードして、PCの"/android-sdk-windows/tools/"に置きます。(SDKの環境に依ります。)

Googleサーバー(OTA用、直リンク)
http://android.clients.google.com/packages/ota/google_nakasi/d72d14131cdfbbc6a758c3234a10fd1fe8d80ce6.signed-nakasi-KOT49H-from-KRT16S.d72d1413.zip

2)端末の電源を切り、"[電源]+[ボリュームダウン]"でbootloaderを立ち上げます。

3)ボリュームキーを操作して"Recovery Mode"を選択します。

4)ボリュームアップキーと電源ボタンを押して、メニューが表示されたら、ボリュームキーを操作して"apply update from ADB"を選択し、電源ボタンを押します。

5)PCのコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

adb sideload d72d14131cdfbbc6a758c3234a10fd1fe8d80ce6.signed-nakasi-KOT49H-from-KRT16S.d72d1413.zip

【CWM Recoveryの導入とroot化】

1)下記2つのファイルをダウンロードします。

CWM Recovery Download Touch Recovery Google Nexus 7 
http://www.clockworkmod.com/rommanager
recovery-clockwork-touch-6.0.4.3-grouper.img

SuperSU v1.94
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053
UPDATE-SuperSU-v1.94.zip

2)"UPDATE-SuperSU-v1.94.zip"を端末の"/sdcard/"直下に置きます。

3)ダウンロードした"recovery-clockwork-touch-6.0.4.3-grouper.img"をPCの"/android-sdk-windows/platform-tools/"に置きます。(SDKの環境に依ります。)

4)端末の電源を切り、"[電源]+[ボリュームダウン]"でbootloaderを立ち上げます。

5)端末とPCをUSBケーブルで接続し、PCのコマンドプロンプト上から以下の操作をしてCWM Recoveryを焼きます。

fastboot flash recovery recovery-clockwork-touch-6.0.4.3-grouper.img

6)ボリュームキーを操作して"Recovery Mode"に入り、ナビゲーション画面で以下の操作をしてSuperSUを焼きます。

・"Recovery"を選択。
・"Install zip from sdcard"を選択。
・"choose zip from sdcard"を選択。
・"0/"を選択。
・画面をスクロールして"UPDATE-SuperSU-v1.94.zip"を選択。
・"Yes - Install UPDATE-SuperSU-v1.94.zip"を選択。
・"+++++Go Bacck+++++"を選択。
・”reboot system now”を選択。
・"No"を選択。

7)再起動後にファイラーで"/system/app/superuser.apk"をクリックしてインストールします。

8)Busy boxをインストールします。

BusyBox
https://play.google.com/store/apps/details?id=stericson.busybox