2011/02/22

バッテリ消費計測 (Android 2.2.1)


Last update ; 10/Nov/2011

Androidのバッテリーの持ちの悪さにお悩みの方が多い様です。

中には、夜、寝ている間にバッテリが半分空になったというケースも...。

自分の端末のバッテリーの減り方が、「通常」と比較して、多いのかどうかが気になる方が多いと思いますので、当方のバッテリの消費具合を書き出してみます。

どなたでも比較出来るように、特別なアプリ等は使わず、寝る前に充電してから充電器を抜き、翌日に初めて使う際に[Settings][About Phone][Status]で確認した数値を記載しています。

測定間隔測定開始時測定終了時1時間あたり
08:2698%87%1.3%
17:5887%73%0.8%
08:1873%67%0.7%
14:3898%83%1.0%
09:3299%93%0.6%
08:27100%96%0.5%
08:2698%94%0.5%
08:1698%94%0.5%
09:0699%94%0.5%
07:1791%89%0.3%
10:1999%93%0.6%
09:05100%95%0.6%
09:5099%95%0.4%

■平均バッテリ消費率 ; 0.635% / Hour

■機種 ; 韓国版Galaxy S(shw-m110s) Android 2.2.1 OCLFでLagfix済

■使用アプリ ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/home.html

■省電力設定 ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/blog-post_11.html

参考記事

■バッテリ消費計測 (Android 2.3.3)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/05/android-233.html

■バッテリ消費計測 (Galaxy S2 Android2.3.3編)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/07/galaxy-s2-android233.html

■バッテリ消費計測 (Galaxy S2 + 純正拡張バッテリー)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/09/galaxy-s2_08.html

2011/02/19

リカバリ手順


Last update ; 13/Jul/2011

韓国版のGalaxy S(shw-m110s)やGalaxy S2(shw-m250s)には頻繁にファームウェアのアップデイトがあり、その度にバックアップとリカバリを繰り返す事になります。

カスタマイズをしているとバックアップとリカバリの手順も増えますので、忘れない様にメモしておきます。

昔から慣れ親しんだアプリやユーティリティを好んで使っていて、作業効率は良くありませんので、自分用のメモです。

【準備編】

1)アプリとデータのバックアップ

Titanium Backup を使用しています。

■Titanium Backupでバックアップとリストア
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/05/titanium-backup.html

(その他の方法)

■アストロ ファイルマネージャ
http://jp.androlib.com/android.application.com-metago-astro-qzq.aspx

[メニュー][More][環境設定][バックアップディレクトリ]でバックアップファイルの保存先を
「/mnt/sdcard/external_sd/backups」に変更しておきます。

[メニュー][ツール][アプリケーション マネージャ/バック...]


■App list Backup
http://jp.androlib.com/android.application.com-punsoftware-backup-qjnjA.aspx

マーケットの履歴のバックアップが出来ます。


■AKNotePadのデータのバックアップ

AK Notepad
http://jp.androlib.com/android.application.com-akproduction-notepad-pzx.aspx

[メニュー][Settings][Export notes]

ファイルの書き出しは「/sdcard/AK_Notepad_Exported_Notes」にしか出来ませんので、これを更にファイラーでuSD側にコピーしておきます。


2)Lagfix解除

(Android 2.2.1以前の場合)

■RyanZA's OCLF
http://jp.androlib.com/android.application.com-rc-quickfixlagfix-jBnCB.aspx

[Undo OneClickLagFix V2+]


(Android 2.3.3以降の場合)

■Tegrak Kernel (root化解除も可能)
https://market.android.com/details?id=com.tegrak.lagfix&feature=search_result

[Disable tegrak lagfix (all)]


3)root化解除

(Android 2.2.1以前の場合)

■SuperOneClickでunroot
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=803682

[unroot]


(Android 2.3.3以降の場合)

■Tegrak Kernel
https://market.android.com/details?id=com.tegrak.lagfix&feature=search_result

[Disable rooting]


4)ファクトリリセット(必要に応じて)

[Settings][Privacy][Factory data rest]


【リカバリ】

1)日本語化

■MoreLocale 2
http://jp.androlib.com/android.application.jp-co-c_lis-ccl-morelocale-qnpC.aspx


■OpenWnnフリック入力対応版 (日本語入力)
http://jp.androlib.com/android.application.com-pm9-flickwnn-jEnE.aspx

[Settings][Locale and text][Text settings]



注)普段はATOKを使用していますが、ATOKはroot化してSIM issure codeを変更しないとダウンロード出来ませんので、設定時に一時的にOpenWnnを使用する事があります。

2)root化

(Android 2.2.1以前の場合)

■SuperOneClick
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=803682

[root]



(Android 2.3.3以降の場合)

■Galaxy S Gingerbread(Android 2.3.3)公式版のroot化とLagfix
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/05/galaxy-s-gingerbreadandroid.html

[Enable rooting]

3)Busyboxをインストール

BusyBox
http://jp.androlib.com/android.application.stericson-busybox-jqmqB.aspx


4)LagFix(プチフリ対策)

(Android 2.2.1以前の場合)

■RyanZA's OCLF
http://jp.androlib.com/android.application.com-rc-quickfixlagfix-jBnCB.aspx

[OneClickLagFix V2+]


 (Android 2.3.3以降の場合)

■Tegrak Kernel
https://market.android.com/details?id=com.tegrak.lagfix&feature=search_result

[Enable tegrak lagfix (all)]


5)カメラ無音化

(Galaxy Sの場合)

■カメラのシャッター音の無音化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/blog-post_20.html


(Galaxy S2の場合)

■Galaxy S2のカメラのシャッター音の無音化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/07/galaxy-s2.html


6)アプリのリカバリ

■Titanium Backupでバックアップとリストア
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/05/titanium-backup.html

(その他の方法)

■アストロ ファイルマネージャ
http://jp.androlib.com/android.application.com-metago-astro-qzq.aspx

[メニュー][ツール][アプリケーション マネージャ/バック...]


7)ウィジェットの登録・設定

ウイジェットはリストア後に手動で再設定が必要なケースが多い様です。

 ・Weather forecast widget
 http://jp.androlib.com/android.application.org-koxx-forecast_weather-v2-jipz.aspx

 ・ジョルテ
 http://jp.androlib.com/android.application.jp-co-johospace-jorte-iwqp.aspx

 ・NoLED
 http://jp.androlib.com/android.application.com-led-notify-jAmjA.aspx

8)マーケットの履歴の復元

■App list Backup
http://jp.androlib.com/android.application.com-punsoftware-backup-qjnjA.aspx


プリインストールのアプリでも、以下の物はマーケットからアップデイトされる為、マーケットの履歴に残して自動更新をOnにしておくのを忘れないようにしましょう。

 ・モバイルGoogleマップ
 https://market.android.com/details?id=com.google.android.apps.maps&feature=search_result

 ・Googleマップのストリートビュー
 https://market.android.com/details?id=com.google.android.street

 ・Google 翻訳
 https://market.android.com/details?id=com.google.android.apps.translate

 ・音声検索
 https://market.android.com/details?id=com.google.android.voicesearch

 ・Gmail
 https://market.android.com/details?id=com.google.android.gm

 ・YouTube
 https://market.android.com/search?q=youtube&so=1&c=apps

9)不要なプリインスートールアプリの削除

 ・通常のアプリ
 ・システムファイル

■プリインストールアプリの削除
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/blog-post_28.html

■プリインストールアプリの削除 (Galaxy S2編)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/07/galaxy-s2_08.html

10)省電力設定

■バッテリー消費を抑える設定
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/blog-post_11.html

■Galleryの差し替え(バッテリー消費対策、2.2.1以前の場合)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/gallery.html

11)SIM issuer codeの変更

■MarketEnablerでSIM issuer codeを変更
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/04/marketenebler.html

2011/02/16

ファームウェアアップデイト(FROYO.TA13 => FROYO.TA28)


1月に2回のファームウェアのアップデイトがあった韓国版Galaxy(shw-m110s)ですが、2月の中旬にも再度アップデイトがありました。

いつも同様、Samsung Kies経由でのアップデイトの配布です。

■Firmware version ; 2.2.1 (変わらず)
■Baseband version ; M110S.SL24.1539.ST => M110S.TA28.1847.ST
■Kernel Version ; 2.6.32.9 (変わらず)
■Build Number ;  FROYO.TA13 => FROYO.TA28
■PDA ; SHW-M110S.TA13.1912 => SHW-M110S.TA28.2003
■PHONE ; M110S.SL24.1539.ST => M110S.TA28.1847.ST
■H/W ; REV0.8 (変わらず)
■MOVINAND ;  NONE =>DH07

1)moviNANDのバージョンが再び表示される様になりました。(バージョンは以前と変わりません。)

2)Galleryを使用するとセンサーのスイッチがOnになったままになりバッテリーの消費が激しくなるバグは解消されていません。

参考記事 ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/gallery.html

3)[Setting][Display][Wallpapers][Lock screen wallpaper]からロックスクリーンの壁紙を設定しようとするとエラーとなる不具合は解消されていません。

参考記事 ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/01/froyosl28-froyota13.html

4)カメラアプリを無音化しているのですが、アップデイト後に再度無音化する必要はありませんでした。

参考記事 ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/blog-post_20.html

2011/02/07

App InventorでAndroid用アプリ作成(Regza予約メール作成アプリ)


Last Update ; 10/Nov/2011

Googleが無償提供している開発ツールのApp Inventorを使ってAndroid用アプリを作成してみました。

ウェブベースのGUIで簡単にAndroidアプリが作れます。

http://appinventor.googlelabs.com/about/

今回作成したのは、REGZAのTVやBRレコーダの録画設定用のメールを生成するツールです。

REGZAは、インターネットに繋いでおくと、メールで録画予約が出来るのですが、予約用メールの書式がTVとレコーダで異なり、また、チャンネルも番組表に載っている番号とは違う3桁の番号を記載する必要があります。

そこで、録画予約メールの作成を補助するツールを作成してみました。

【アプリ開発手順】

以下のリンクからApp Inventorのセットアップ用ファイルをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールします。

http://appinventor.googlelabs.com/learn/setup/index.html

インストールが出来たら、My Projectsから新規のプロジェクトの画面デザインと構成要素を決めます。


次に、Blockes Editorでロジックを組み立てていきます。


ある程度出来てきたら、エミュレータで動作を確認出来ます。


完成したら、バーコードを表示して端末から読み込むと、アプリを端末にダウンロード出来ます。


【実機での動作例】

実際に実機で動作している状態です。GalaxyとHT-03Aで動作確認済みです。



App Inventorは、現時点では、単純なプログラムしか組めず、制限事項も多いのですが、簡単にプログラム作成が出来る点は斬新です。

追記(10/Nov/2011) ; App Inventorのサポートは終了するそうです。

As we announced on the App Inventor Announcement Forum, Google will end support for App Inventor on December 31, 2011, after which data in appinventorbeta.com will not be accessible and will be deleted from Google servers.  You can preserve your App Inventor projects by simply clicking on the Download All Projects button on your My Projects page.  This will download to your computer a zipped archive of all your projects.  We recommend you retrieve your projects well before December 31st.
By the end of 2011 Google will also be making the complete App Inventor source code publicly available under an open source license, so that anyone can study the code and modify it as they desire. 
In order to ensure the future success of App Inventor, Google has funded the establishment of a Center for Mobile Learning at the MIT Media Lab.  Sometime in the first quarter of 2012, the Center plans to provide an App Inventor service for general public access, similar to the one Google is currently running.
In order for you to continue working with your projects in an open source instance (MIT or otherwise) of App Inventor you will need to download your data from appinventorbeta.com before December 31st and later upload them to an open source instance as it becomes available.
Please visit the App Inventor user forums to get future updates on App Inventor.  You can also visit http://mobilelearning.mit.edu/ for updates on what is being done with App Inventor at MIT.